73. 安全を確保する手段を考え安全思想を啓蒙し、人と地球の安全を守ります(7/7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載するBlog記事は全7話で構成されます。(67話~73話)

安全を保つ重要なポイントは、これらの仕組み、災害事例、対処方法、安全の考え方、それを教える教育を人類の知恵として社会に伝達する仕組みを構築し、社会全体で情報共有する事が重要です。災害を社会インフラとしてデータベースに記録し、社会全体で閲覧する仕組みを作ります。情報を効果的に地球上の各地域へ伝達するネットワーク連携する仕組みが必要です。インターネットを利用したコミュニケーションは急速に拡大し、グローバル化が進み社会は急速に進化しています。産業の変化に伴い、地球環境も同時に急激に変化しており、その影響で人々を取り巻く生活環境は激しく変化しています。人が環境で安全に暮らす為には、それらの変化によって引き起こされる障害を適切に対応する能力が必要です。人々は今の変化した社会で安全を保つため新しい方法を必要としています。ネットワークを通じて世界で起こっている災害を早く知り、その情報を体感できる形により安全効果が上がる方法で情報共有し、安全向上の社会活動を通じて安全意識と知識の高い人を集めます。人類の知恵で安全を維持する新たな仕組みを作り、世界で安全を高める社会活動として継続しつづける仕組みが必要です。

我々は安全システムの開発通じて将来に渡り安全で効率的な情報発信を続けます。人間の生体感情に影響を与えるメカニズムを解明します。それぞれの人に合わせたコミュニケーションにより、効率的でかつ感情に直接触れるメカニズムを実現します。人の安心を保ち人の生物的な仕組みに合わせ直接こころに影響を及ぼすネガティブ感覚を適切に制御します。感情を適切な方法で伝達し心的な障害を防ぐ安全技術が必要です。実現するために、医学の観点から感覚器官や脳を介して感情に触れるメカニズムを発見します。人の生物的な仕組みを解明する事が必要です。このプロジェクトは医学、生物、倫理、認知、心理、神経、感性、ロボット工学、通信など様々な知識を総合的に融合させる必要が有り専門知識を持った協力者が必要です。人の特性や能力に合わせより良いコミュニケーションとして、効率的な教育として、それが人々の感情をケアし、人間の安全を維持するためのメカニズムとして幅広い分野で利用できます。