69. 安全を確保する手段を考え安全思想を啓蒙し、人と地球の安全を守ります(3/7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載するBlog記事は全7話で構成されます。(67話~73話)

最も身近な一般災害と労働災害は、2つに集中し訓練・教育を実行し安全を高めます。

第1段階は、体を使い効率的に技能を取得し、作業の間違いを減らし、安全を確保する方法です。これはスキル・シミュレーションプログラムと呼ばれ、3つのシミュレーションが提供されます。手法1操作盤を備えたコンソール操作の技能向上を目的とした運転訓練シミュレータです。手法2作業シーケンスに従い、繰り返し操作で作業シーケンスを覚え、操作ミスを防ぐ減らすシミュレータです。手法3技能者の技能をVR空間に取り込み、眼で確認しながら操作を模倣し、技能を伝達するシミュレータです。

どのプログラムも技能を向上する為に、身体を動かしながらシミュレーションを行い、作業ミスを減らし安全を確保します。

第2段階は、災害を学び、その災害体感を通じて安全意識を高め、身を守る方法を取得する意思教育プログラムです。

Step1どの様な環境や状況で災害が発生しているかをケーススタディーします。 “災害を知る”

Step2危険意識を改善する為に災害を仮想体感し、危険感受性を高めます。 “危険を感じる”

Step3身を守る方法(安全確保の為の規則、定常操作の重要性、保護具の利用など)を学びます。“自分で守る”