63. Mr.RiMM南アジア地区との対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は取材頂いたインドの雑誌編集記者との対談の内容をお伝えします。

Q1.RiMM設計者について教えてください。

A1.RiMM設計者は、機械工学を卒業後、 電気会社に加わり、半導体製造で使用されるダイおよびワイヤーボンディング装置の制御ハードウェアおよびソフトウェアを開発しました。 13年間画像処理技術を専門として担当しました。現在の会社に入社後、新プロジェクトを開始し、災害対応トレーニングシミュレーターを開発し、安全性を高めるRiMMを設計しました。 恐怖を感じる独自の触覚再現装置を開発し、それを組み込んだ災害体験システムを発表しました。

Q2.会社と製品について紹介して下さい。

A2.行政の研究機関の要請に応えて、防災訓練シミュレーター、原子力発電所のテロ対策のための防護シミュレーター、廃炉作業の作業検討と訓練のためのシミュレーターを積極的に開発しました。 感受性を高める為にロボット制御技術で触覚を再現し、視覚処理で検出された人間の行動を検知し、アバターの動きをVR空間に直接再現するソフトウェアRiMMを開発しました。 これによりリアリズムに近づき、労働災害を可能にする危険体験製品を商品化しました。

Q3.あなたが克服しなければならなかった最大の課題は何でしたか?

A3.挑戦のきっかけは、労働災害の安全教育を行うインストラクターに会ったことから始まりました。 講師は、人の安全を確保するための講義に熱心に取り組みました。 しかし「作業員は仕事に慣れていて、自分は災害を起こさない」と信じており、インストラクターは作業者が実際に災害を体験させることを強く望んでいました。 しかし、実際の災害は危険であり、災害を体験させることはできません。 VRを使えば災害を感じることができますか?と問われ、 それから私たちの挑戦が始まりました。

Q4.あなたにとって革新とはどういう意味ですか?

A4.革新的な製品を生み出すためには、新しい発想を取り入れた発想で目的を達成するアプローチが重要だと考えています。 市場とは反対方向からアプローチを試み、試行錯誤しながらその方向性を探求することで、革新的なアイデアやアイデアが生まれると思います。 多くのVRが楽しさ、興奮、興奮の方向にソフトウェアを追求し創造していると思いますが、私たちのアプローチは真逆です。安全を確保する為に、不快な感覚を再現し感受性を得ることを目的としています。私はあなたがネガティブに感じるアプローチで、その目的を達成することを考えています。 このように一般的な商品とは異なるコンセプトで商品を作ることで革新的な製品が誕生します。

Q5.企業として、あなたが最も誇りに思っていることは何ですか?

A5.企業の存在価値は、その社会貢献性にあると考えています。 人の安全を確保すると同時に、人の住む地球に貢献することが大切だと思います。 これを念頭に置いて、私たちは安全性の向上と、世界にはまだ存在しない安全方法やアイデアの創造に焦点を当て、条件を満たすことが私たちの使命であると信じています。 人が安全に暮らす為には、人が経験した災害情報を共有し、その情報を皆で利用します。 更に会社の枠、国の枠を超えた意識の高い人々に集まってもらい、共に協力しながら安全手法を見つけ出せなければなりません。

Q6. 顧客基盤を教えてください。

A6.我々の顧客は、労働災害に関係する多種多様な製造業です。 政府、医療、電気、建設、水、ガス、土木、材料、プラント、鉄鋼、自動車、鉄道、航空機、化学薬品、布地、セメント、製紙、空調、機械、電子機器、情報、食品、ロジスティクスなどです。

Q7.組織のリーダーとして行う最も重要な決定は何ですか?

A7.市場の要求を見極め、世の中に存在しないコンセプトと理念でビジネスを推進し、一貫した方針を貫く事だと思います。

Q8.組織内で創造的な思考をどのように奨励しますか?

A8.市場のニーズに合わせたソリューションを取り入れた製品をすぐに試作し、試用段階で市場に投入します。その後、お客様より意見を貰い、すぐに改善するというフィードバック改善手法を継続するサイクロン哲学を我々は持っています。これにより 時代の要求するスピードに追いつく事が出来ます。 またサイクロンの理念を効果的に実践するために、時にはリスクを恐れずに挑戦します。

Q9.あなたの今後の取り組みのいくつかは何ですか。

A9.商品があふれ、コスト競争が激化する時代にあって、アイデアづくりが注目されています。 世界には存在せず、価値の高いものは、人の心に直接触れるコミュニケーション手段です。 感情を直接感じさせるコミュニケーション手段を実現することは価値があると思います。

Q10.あなたが私たちの読者に与えることができる最高のアドバイスは何ですか?

A10.我々は安全&安心というテーマに出会い、「安全な社会を実現するために」を掲げビジネスを推進してます。皆様も天命を見つけて出してください。

Q11.これらの質問以外で他に述べたいことはありますか?

A11.インターネットを利用したコミュニケーションは急速に広がり、グローバル化が進み、社会は急速に変化しています。 また、産業の変化に伴い地球環境も急速に変化しており、人々を取り巻く環境も大きく変化しています。 人々がその環境で安全に暮らすためには、それらの変化によって引き起こされる障害に適切に対応する能力が必要です。 人々はそれに応じて安全を維持するための新しい方法を作成する必要性に直面しています。 RiMMを通じて、これまでに経験した災害をデータベースとして体験し、その情報を地球上の人々と共有し、安全意識の高い人々を集め、知恵を集め、そのメカニズムを考えるメカニズムを残します。 安全性を向上させます。