47. こころが生まれるまで第3話「感情の主観評価」

感情の評価パラメータは、主に誘発性(Valence)と覚醒度(Arousal)より神経系のメカニズムを利用して区別します。この2つのパラメータよりポジティブvsネガティブの方向性とその強度を判定します。

この判定より、怖れ(fear)、喜び(pleasure)、悲しみ(sadness)、快適(comfortable)を導き出し感情の種類が区別されます。そのように生まれた感情は、やがてこころの発生を促します。感情の主観評価は一般的に、誘発性、覚醒度、支配性(Dominance)の3つで判断されますが、説明を簡略化する為に支配性要因は外してます。