98. 創造性を養う育成プログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安全安心の為の新しい手法・手段を開発する為に現在実行中の育成プログラムを紹介させて頂きます。育成プログラムの名称は”RiMM University”です。創造性向上の為の独自プログラムです。

RiMM University理念

人と地球の安全の為に安全思想を創造し啓蒙し、社会に貢献する力を身につける。

創造性を発揮できる人は、数パーセント  ⇒ 大多数が能力未開拓

未創造=有意義な物を奪い合う ⇒ 争い ⇒ 恐怖・望まない

人と地球の安全は、創造により保たれる。 ⇒ 創造能力が必要

人には、もともと様々な能力が備わっており、使ってない能力が沢山眠っている。創造を促す為には、人が未だ使っていない勘・感・観を育てる。勘を養うには、観て、こころで感じ、感性を育て開花させる。これを実現する為、2021年に独自の育成プログラムを構築し、3年計画で育成を実施中です。

からだの情動より

 欲求が生まれ、人の飛躍の繋がる原動力にも繋がる、獣的に働くとエゴが増加、体に感じる感覚(触覚、痛覚、力覚)が大きく作用する。

こころの感情より

 美意識は、人として誰もが持つ、こころの感性、美は、視感(見る)、聴覚(聞く)、嗅覚(嗅ぐ)=味覚(味わう)を通して養う

◇RiMM Universityは、 

 美的意識に影響を与えるデザインを通して、人のこころに眠る感性に触れる、視覚、聴覚、嗅覚(味覚)を中心に、勘・感(直感)・観(直観)を開花し勘・感・観より、創造・創出する精神を導きだす。デザインを通じて五感を刺激し続ける。人に能力として眠っている、視覚的な感性を養い、聴覚的な感性を養い、嗅覚的な感性を養い、全ては、創造力を発掘する為です。

RiMM University Jumpプログラムは、下記内容で進行中です。

  Part0「20の力(例=みる)」、→Part1「20の美」 、→ Part2「20の感性」、→Part3「ブランド」