97. 安全・安心に取り組む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RiMMの安心・安全のテーマは人です。 災害は、一般災害(交通事故、火災等)、労災、人災を含む人災である。地球に影響を与える自然災害。地球は人が住む環境であり、そこで発生する自然災害は人間が止めることのできない災害です。今回は人と地球の安全・安心について改めて考えます。

安全・安心は、一般的に次のように定義されます。

「安全」とは、人やその地域社会、人、組織、公共財産に害がないと客観的に判断されたものです。ここでの所有物には、無体物も含まれます。

「安心」とは、人が知識や経験から予測したことと大きく変わらないと信じることです。予期しないことは何も起こらないと信じ、何かが起こっても受け入れることができると信じています。

RiMM Cyclone Philosophy では、直感的に理解しやすいように、「安全」を「身体を守ること」、「安心」を「心の安らぎを見出し、維持すること」と考えています。

安全面では、工学的なアプローチで災害を未然に防ぐ試みが行われています。保護装置の組み込み、保護具の利用、安全カバーによる保護、改良による構造変更など。また、運用方法を定義した標準作業、保護具の利用義務付け、それを使用した行動規則の厳守等により、障害発生を未然に防ぎ、身体を守ります。安全教育には、工学から身を守る安全アプローチと生物科学から安心を守る安全アプローチがあります。

・人の心に訴え、意識を変え、安全行動を実行する活動が重要です。

・人間の心理面を考慮し、心理から予測して対策を講じるアプローチが必要です。

人間の精神に訴え、影響を与えるには、人間の生命科学を理解する必要があります。人が体験するプロセスに応じた直感的なコミュニケーションの方法を具現化し、行動を促す仕組みを見つけて実現する必要があります。そのために、人間が感じる感覚器官、身体を伝達する神経系(ニューロン)、血管系(ホルモン)、状況を分析・認識する脳、人間が感じている情動や感情を生物化学で解明します。体と心理的側面を通じて生成されます。私たちは生命科学を通じて人間の感覚過程を考慮し、安全・安心のための強化方法を考え、実践しようとしています。人を2つのグループに分けて、それぞれのグループを強化する方法を考えています。

「一般向け」  既知の危険を知り、それを防ぐ方法を教える教育

「リーダー向け」未知の災害に対応するための直感力向上教育

リーダー教育は、未知の災害や自然災害に対応する為のレジリエンス力強化のプログラムです。未知の災害や自然災害は、人が知り得ない事象が非常に多く、その場で瞬時の判断や行動が求められます。またその判断や行動は少しでも生存率を上げる方向で有る事が重要です。瞬時の判断は、直感力が求められます。故に常日頃から直感力の精度を高めておく必要が有ります。直感力は適切な課題に挑戦し試行錯誤を繰り返しながら成功する方法を見つけ事で鍛えられると考えています。多数の試行錯誤により、より良い判断が出来る様、頭の回路を生成する事で、直感力は高める事が出来ると考えているのです。災害時のレジリエンス能力は、まず精神的な強さを必要としています。精神的な強さは、様々な災害ケースを試行錯誤し助かる方法を見つける訓練を通して精神的にも鍛えられ強い心が生まれます。その精神力の強さが災害時に必要です。精神力を養う為に直感力を鍛える意味は大きいと考えています。