93. 「人の生物科学的な体験プロセス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が経験するプロセスを生物科学の観点から考えてみましょう。人は五感で物事の出来事を経験します。多少の不足はありますが、バーチャルリアリティ技術やロボット制御技術を用いて多くの感覚を再現することで、実際の身体とほぼ同じ体験環境を実現できることが判ってきています。感覚に影響を与える感覚再生の組み合わせは、イベントによって異なります。イベントを再現する主な感覚を再現する事が重要です。実体感との不一致により感覚の質が低下します。私たちの経験プロセス解明は、ネガティブな感情(恐怖、悲しみ)に焦点をあてて検証します。

したがって、ポジティブな感情(喜び、快適さ)の経験を個別に検証する必要があります。人がネガティブな出来事を経験すると、それはホメオシタス反応と呼ばれ体内に保存された結果と自動照合し、現在の状況が危険かどうかを瞬時に身体が判断します。同時に、神経系と血管を通じて神経とホルモン分泌により体の各所に信号が伝達され獣の判断に基づいた感情を生み出します。同時に、脳(扁桃体、前頭前野)による認知が自動実行されます。その後、ストレス反応によって感情が生まれ、それが思考につながり、感情の状態や脳に記憶されている内容に応じて心が生まれます。条件が満たされると、モチベーションが生まれ、モチベーションに応じて意思決定へと進みます。これらの一連のプロセスは、感情が発生するまで自動進行し、私たちはこれらの一連の経験プロセスです。